ごあいさつ
 
ごあいさつ


 21世紀に入り、景気の上昇とともに、我々は働くことによる豊かさを手に入れることができました。

 そして、いろいろな働き方を選択できるようになり、働き方の多様化が進んでいます。

 そのため、従業員確保をうまく行っている企業がある一方で、人手不足に悩まされる企業も増えています。

 また、働き方の多様化に上手く対応できない企業は、個々の従業員とのトラブルに悩まされる経営者方々も多いのではないでしょうか。


 企業が生産性を高め、適切な経営を行うためには、 企業と従業員との良好な関係を築いていくことは重要なことです。

 そこで、私たち社会保険労務士の果たすべき役割も大きくなってきています。
 私たち社会保険労務士は、人事・労務の実務家であり、また、法律家でありもあります。
 
 私たちは、企業の成長のため、そして、従業員の働くことによる幸福追求のためお客様のベストな提案を行うことにより、企業経営の人事労務管理についてサポートを行います。